職場の人間関係がうまくいかない理由とは?
職場でのコミュニケーションの悩みを解決する方法を紹介

職場の人間関係がうまくいかない理由とは?職場でのコミュニケーションの悩みを解決する方法を紹介

【本記事のポイント4つ】

  • 1.職場の人間関係に悩みを抱える人は多く、日本労働調査組合の調査では、58.5%の人が「職場の人間関係を理由に退職・転職を考えたことがある」と回答している。
  • 2.職場の人間関係がうまくいかない理由は、上下関係や同僚間で問題が起きやすい、さまざまな価値観の人がいて付き合う人を選べない、コミュニケーション不足に陥るなどが挙げられる。
  • 3.人間関係の悩みを解決するには、問題となっている事柄の背景をすり合わせる、働き方を変える、ストレス解消の時間を増やす、気軽なコミュニケーションの場を設けるなどの対策がある。
  • 4.コミュニケーション不足の解消には、社内カフェやオフィスコーヒーなど、従業員同士が気軽に雑談できる場を社内に設けるのがおすすめ。
    なかでも「ネスカフェ アンバサダー プログラム」なら、比較的低いコストでオフィスコーヒーを導入可能。

【目次】

職場の雰囲気があまり良くなかったり、従業員同士がコミュニケーションを取りづらい環境になっていたり、社内の人間関係を改善したいとお悩みの企業担当者の方もいるでしょう。そこでこの記事では、職場の人間関係がうまくいっていない場合の原因や人間関係を改善させるためのポイントについて解説します。人間関係の悪化はトラブルなどを引き起こすおそれもあるため、よく読んで、ぜひ対処の参考にしてください。

職場の人間関係で悩む人はどれくらいいるのか?

実際に職場の人間関係で悩みを抱える人はどのくらいいるのでしょうか。日本労働調査組合が行なった調査では、職場の人間関係について何らかの悩みがあると回答した人は約3割にも上り、さらに58.5%の人が「職場の人間関係を理由に退職・転職を考えたことがある」と回答する結果となりました。

このように、職場の人間関係は働く人にとって悩みの種であり、また、退職を考える大きな理由の一つとなっていることが分かります。従業員の離職率を低減し、優秀な人材を逃さないためにも、企業は職場の人間関係の改善に取り組む必要があるといえるでしょう。

参考:日本労働調査組合 【日労公式】職場の人間関係を良好と感じているのは全体で約3割。職場の人間関係に関するアンケート調査

職場の人間関係がうまくいかない理由

職場の人間関係がうまくいかないのには、理由があります。一時的なものではなく根本的に人間関係を改善したいのであれば、理由をしっかり見極めて、理由ごとに適切な対策をとることが必要です。そこで、ここからは人間関係がうまくいかない理由と、理由ごとの対策や方法について解説します。自分の職場にはどのような理由が当てはまるのか、考えながら読んでみてください。

上下関係での問題が起きる

仕事をする上で上司や部下との相性が良くないと、人間関係における問題が発生しやすくなります。例えば、業務難易度の見立てや物事に対する捉え方が大きく異なる場合は、すれ違いが生じてお互いへの不満が膨らみがちです。時には指示や報告が意図していない意味で伝わってしまうこともあるかもしれません。

仕事の進め方や、何かトラブルが起こった時の対応は人それぞれ違います。相手の考えを理解しつつ、誤解が生じにくいように相手にとって分かりやすく説明することが大切です。

同僚との競争が起こる

同じ会社の仲間でも、会社で働く以上は避けられない個人の業績や昇進・出世のスピードなどを気にしすぎて、同僚をライバルとして意識してしまい疲れてしまうことがあります。もちろん、適度な競争心は従業員のモチベーションにつながることもあり、悪いことばかりではありません。しかし、行き過ぎたライバル意識は人間関係に疲れる原因となります。

同僚はライバルというよりも困った時に助け合える仲間という意識を持てば、自分の心にも余裕が生まれて気持ちよく働くことができるでしょう。

コミュニケーション不足に陥る

会社はさまざまな人が集まって一緒に仕事をするところです。一人ひとり育った環境は異なり、物事の捉え方も異なるため、相手の言動が理解できずに相手に対してネガティブな感情を抱いてしまうこともあるかもしれません。

このようなトラブルを避けるためには、できるだけ日々のコミュニケーションを増やし、相手がどのような人なのかお互いに理解を深めることが大切です。言動の背景にある感情や理由が読み取れるようになれば、きっと業務も円滑に進みやすくなるでしょう。

付き合う人を選ぶことができない

職場では嫌いな人や苦手な人とも仕事上関わらなければなりません。しかし、苦手な人とのコミュニケーションでは特にストレスが溜まりやすく、うんざりしてしまうこともあるでしょう。

そんな時は、一度冷静になって自分の考え方を変えてみてください。他人の考え方を変えさせることは困難なので、相手に求めすぎず、まずは自分ができることを探してみるとよいでしょう。

いろいろな価値観の人がいる

職場にはさまざまな年齢の人や、価値観が異なる人も多くいます。そのため、時には意見が対立することもあり、それぞれの立場による悩みが生まれることも少なくありません。

自分では考えられないような言動であっても、相手の価値感で見れば当たり前のことである場合もあります。物事を自分のものさしだけで測らずに、多様な価値観を受け入れて尊重することが大切です。

長時間一緒に過ごさなければならない

職場は一日の中でも長い時間を過ごすところですが、もし苦手な人がいたとしても、同じ時間を共に過ごさなければなりません。

苦手な人がいるとその人嫌なところばかりが目についてしまうものですが、付き合いは最低限にして必要なとき以外は上手く距離感をとったり、仕事だと割り切って考えるようにしたりして、うまくストレスを軽減するようにしましょう。

職場の人間関係からくるストレスや症状の特徴

職場の人間関係からくるストレスや症状の特徴

職場の人間関係が良くないと次第にストレスが溜まり、業務に支障をきたしたり、精神的・肉体的に深刻な症状を引き起こしたりする恐れもあります。そこで、ここからはそんな人間関係によるストレスが引き起こす可能性がある症状などについて見ていきましょう。中には治療が必要なものもありますので、よく読んでしっかり確認するようにしてください。

精神的な症状

職場の人間関係によってストレスが溜まると、メンタルに異常をきたしやすくなります。具体的な症状の例としては、気分が落ち込みがちになったり、無気力になったり、注意力や集中力が欠如したりすることが挙げられます。

また、新しいことに対する意欲が減少し、周囲のものに対する興味が薄れるような場合にも注意が必要です。仕事をするに当たって重要な思考力や判断力の低下などをはじめとして、さまざまな症状が現れることも少なくありません。

精神的ストレスからくる疾患(うつ・適応障害)

職場の人間関係によるストレスが長期的にかかると、精神的な症状がさらに悪化して、うつ病や適応障害などの精神疾患として現れるようになります。抑うつ状態や不安、焦り、緊張などの症状が出るようになり、通常の業務に取り組むことも困難になるでしょう。

うつ病や適応障害になると、治療にも長い時間がかかる傾向にあります。そのため、休職や退職につながる場合も多く、早期に対処することが大切です。

肉体的な症状

人間関係によるストレスは精神的な症状だけではなく、肉体的症状として現れる場合もあります。個人差はあるものの、代表的な症状は疲れやすさ、倦怠感、頭痛、肩こり、めまい、動機、睡眠障害などです。

しかし、これらの症状は必ずしもストレスが原因ではなく、あらゆる病気の症状として現れることも多いものです。何か他の原因が隠れている場合もありますので、病気を見逃さないためにも原因をストレスと決めつけず、症状が深刻な場合は医師の診察を受けるようにしましょう。

行動面での変化

ストレスの負荷が大きくなると、日常的な行動にまで影響が現れることも少なくありません。よく現れがちな行動の変化としては、仕事でのミスの増加や遅刻や早退、欠勤の増加、周囲とのコミュニケーションの減少などが挙げられます。

ちょっとした疲れが原因だと思っていても、このような症状を放置しているとうつ病や適応障害に発展してしまう可能性もあります。気になる症状が現れ始めたときは、できるだけ早く対策をとるようにしてください。

職場の人間関係の悩みを解決する基本原則

職場の人間関係の悩みを解決する基本原則

人間関係の悩みが大きくなると精神的・身体的に深刻な症状を引き起こす可能性もあり、早急な対策が必要です。しかし、基本的に相手の行動や感情をコントロールすることはできません。

そこでまずは、相手に変化を求めるのではなく、自分自身でできる対処をしてみてください。以下では、人間関係の悩みを解決するための基本的な原則について解説します。特に自分の考え方や自分の行動、ストレッサーへの対処方法の3つを変えるように努力してみましょう。

悩んでいるチームメンバーの話を聞いてサポートする

同じ環境の中でも、人によって物事のとらえ方はさまざまです。例えば、チームメンバーの中には人間関係で疲れやすい繊細な人や、周りのメンバーに気を遣いすぎてしまう人、ネガティブな感情を持ちやすい人もいるかもしれません。

そのような場合には、できるだけ他のメンバーの長所に目を向けてもらうようにしたり、不満に思っていることや感じていることをそれぞれがお互いに自己開示できるように促したりするとよいでしょう。また、一人ひとり考え方や性格は異なるため、全員に好かれる必要はないと割り切って考えてもらうことも大切です。

チームメンバーに行動を振り返ってもらう

本人に悪気がない場合でも、周囲からはネガティブな言動と捉えられている可能性もあります。他人から見て不快に映る行動をとっていなかったか、本人に振り返ってもらうとよいでしょう。

もしかすると、知らず知らずのうちにネガティブな感情を表に出してしまっているのかもしれません。また、忙しくて相手の話に真剣に耳を傾けていなかったり、自分の話ばかりしてしまっている可能性もあります。話を聞いてもらえないと、相手は自分を尊重してもらえていないと感じることがあります。本人に自分の行動を見直して改めてもらうことで、周囲と良好な人間関係が構築できるかもしれません。

ストレッサーへの対処法を変える

人間関係の悩みにおいては、どうしても片方に問題がある場合もあります。しかし、そのような場合も相手に行動を改めさせることは難しいので、自分ができる範囲でうまく対処することが大切です。

例えば、一方があからさまに攻撃をしかけてくる場合は、応戦したり攻撃し返したりするとより行動がエスカレートする恐れがあります。さらなる事態の悪化を避けるためにも、いちいち反応はせずになるべく気にしないようにすることが大切です。どうしても関わらなければいけない時は、極力相手を刺激しないようにうまくかわしつつ、冷静かつフラットに対応できるように心掛けましょう。

従業員が個人でできる対策

従業員が個人でできる対策

人間関係の悩みを解決するための基本原則について押さえたところで、ここからは従業員が個人でもできる対策について解説します。自分の考え方や行動を少し変えてみるだけで、人間関係におけるストレスは軽減できるかもしれません。なるべく気持ちをポジティブに保てるよう、以下の方法を実践してみてもよいでしょう。

仕事は仕事と割り切って気にしない

真面目な人ほど職場のみんなと仲良くしなければと思ってしまいがちですが、職場では仕事さえ円滑に進めば、多少苦手な人との人間関係がうまくいかなくても大きな問題はありません。

苦手な人との人間関係は、仕事だからと割り切ってしまえば気持ちも楽になるでしょう。いちいち相手の言動に振り回されて、気持ちが落ち込んだりいらいらしたりすることも少なくなります。人間関係を改善しようと努力して疲れるよりは、いっそのこと割り切ることで仕事にも集中できるようになるでしょう。

付き合う人を限定する

職場にはさまざまなタイプの人が集まるため、当然自分と合う人、合わない人もいるでしょう。職場の人全員と仲良くするのは難しいので、苦手な人がいる場合は無理をせず、付き合う人を絞ってみても良いかもしれません。

しかし、人間関係をさらにこじらせないためにも、苦手な人に対しても最低限の挨拶や仕事の報告・連絡・相談はしっかり行うようにしてください。付き合う人を限定し、苦手な人との関わりは最低限にすれば、人間関係のストレスも減らせるはずです。

自信を持つための努力をする

周囲に嫌われないようにするために苦手な人とも付き合おうとして、必要以上に疲れてしまう人もいるでしょう。周囲のことを気にしてしまうのは、自分に対する自信のなさが原因かもしれません。

そんな時は、自分自身のスキルを磨いたり、自分にできることを振り返ったりして、自分に自信を持てるように努力してみましょう。周囲の反応が気にならないくらいの自信を身につけられれば心の余裕も生まれ、人間関係に悩むことも少なくなるはずです。

新しいことに打ち込む

仕事の人間関係が気にならないくらいの、何か夢中になれるものを探してみるのもよいでしょう。趣味を充実させるのもよいですが、新しいことを始めてみるとスキルアップにもつながります。

新しいことを始めると、学ぶ時間が増えて人間関係に悩む時間を減らせるだけでなく、仕事にも役立つ知識や技術が身について、業務の効率も上がるかもしれません。また、社内外からの評価も高まるので、自信を持つきっかけにもなるでしょう。

社外のコミュニティに参加する

社外のコミュニティに参加すると、気分転換につながってポジティブな気持ちになることができます。新たな人間関係ができることで、社内での人間関係の悩みが小さく感じられるようになるかもしれません。

従業員が企業理念や経営方針に従って行動する社内では、似た考えの人が集まりがちです。しかし、社外に足を運んでさまざまな考えの人と交流することで、新しい考え方を知ることができます。自分の悩みも違った視点で見れるようになり、悩みも次第に気にならなくなるでしょう。

職場での人間関係の悩みを解決する4つのコツ

職場での人間関係の悩みを解決する4つのコツ

職場の人間関係の悩みをそのままにしておくと仕事も円滑に進まなくなり、会社にも大きな影響を及ぼす可能性があります。そこで、ここからは人間関係の悩みを解決するための主なコツ4つを紹介します。

  • ● 問題となっている背景や理由をすり合わせる
  • ● 休息やストレス解消の時間を増やす
  • ● 働き方を変える
  • ● 気軽なコミュニケーションの場を設ける

以下、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

問題となっている理由や背景をすり合わせる

相手の発言の中に気になった部分がある時は、その裏側にある意図をすり合わせるようにしましょう。自分では納得できないことでも、相手にとっては確かな理由があるはずです。

きちんと意図を確認することで、相手の判断の基準、理由などが理解できれば、一見納得できないことでも受け入れられるようになるかもしれません。また、自分自身の感情や意見も伝えられるようになれば、相手に対してネガティブな感情も抱きにくくなるでしょう。意見をすり合わせていくうちにお互いに対する理解も深まり、人間関係の悩みの解消にもつながるはずです。

休息やストレス解消の時間を増やす

人間関係の悩みで大きなストレスを溜め込むと、余裕がなくなりあらゆることがうまくいかなくなる悪循環に陥ってしまいます。そうならないためにも、ストレスをなるべく溜め込まないよう、十分な休息を取ったり、適度にリフレッシュしたりするための時間を取るようにしましょう。

特に睡眠は、疲れた体だけではなく脳も同時に休ませてくれる重要な時間です。睡眠不足の状態では、ストレスの解消もうまくいきません。適度な睡眠をしっかりとって、心身共に回復することが、ストレス解消への近道となります。

働き方を変える

職場での人間関係の悩みを少しでも解決するためには、働き方を変えてみることも効果的です。例えば、フレックスタイム制やリモートワークなどを取り入れれば、気分転換できるだけでなく、時間を有効に使うことができるようになります。結果的に趣味などの自分のための時間を持ちやすくなり、ストレス解消にもつながるでしょう。

また、リモートワークでは会社に出勤する必要がないため、テレビ会議などを除いて、苦手な人と顔を合わせる機会を減らすことができます。

気軽なコミュニケーションの場を設ける

人間関係がうまくいかないのは、もしかするとお互いのコミュニケーションが不足しているせいかもしれません。そんな時は、社内カフェやオフィスコーヒーなど、従業員同士が気軽に雑談できる場を社内に設けるとよいでしょう。

気軽なコミュニケーションの場を設けることで、部署や役職の垣根を超えて、さまざまな人との交流が持てるようになります。仕事の悩みを他部門の人に相談することもでき、新たなアイデアが生まれるきっかけになるかもしれません。

職場の人間関係改善には、気軽にコミュニケーションできる場作りをしよう

職場の人間関係改善には、気軽にコミュニケーションできる場作りをしよう

職場の人間関係で悩みを抱える人は少なくありません。ストレスが溜まり深刻化するとうつや適応障害などの病気を発症するおそれもあるため、問題がある場合はなるべく早急に対策をとることが大切です。

従業員同士の円滑なコミュニケーションを実現するためには、導入ハードルの低いオフィスコーヒーサービスから取り入れてみるのがおすすめです。ネスレ日本が提供している「ネスカフェ アンバサダー プログラム」なら、コーヒーを定期的に購入すればコーヒーメーカーは無料でレンタルできるため、比較的低いコストでオフィスコーヒーを導入できます。

コーヒーメーカーは20種類以上の多彩かつ本格的なカフェメニューが楽しめる
「ネスカフェ ドルチェ グスト」
と、一杯約20円から本格的なコーヒーやラテを飲むことができる「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」の2種類から選べるので、職場の雰囲気に合わせて好みのタイプを選ぶとよいでしょう。

「ネスカフェ アンバサダー プログラム」の詳細はこちら