「KITKAT」HISTORY vol.1

1935

イギリスで「チョコレート クリスプ」が誕生!

8月29日、イギリスのロントリ―社が、ウェハースをチョコレートで包んだ「チョコレート クリスプ」を発売。ロントリ―社の工場で働く男性から寄せられた「お弁当と一緒に、職場に持っていけるチョコレートバーを作ってはどうか」という提案から、初めて「キットカット」の元となる4フィンガー(バーが4本連なった形状)の製品が生まれました。

イギリスで「チョコレート クリスプ」が誕生!

1937

キットカット チョコレートクリスプ

イギリスで大ヒットとなった「チョコレート クリスプ」。製品名が少し長いことを懸念したロントリ―社は、1937年5月、「チョコレート クリスプ」に「KITKAT(キットカット)」というブランドを付け、「キットカット チョコレートクリスプ」としました。

キットカット チョコレートクリスプ

「Break」誕生!

時を同じくして、この年初めて「キットカット」で「Break(ブレイク)」する、というコンセプトを打ち出した広告を開始。70年以上たった今でも、「キットカット」と「ブレイク」を結びつけたそのコンセプトは継続して使用されるほど「キットカット」に欠かせないブランド資産になったのです。

「Break」誕生!